マツオカグループ (マツオカ・コスモマツオカ・プライスアルファー)

  • マツオカからのメッセージ
  • 社員紹介
  • 採用FAQ
  • 中途採用
  • 社員採用
  • パート採用

社員紹介(暮らしの衣料マツオカ)

柘植 淳 入社18年目(コスモマツオカ 商品部 部長)

柘植部長

現在、寝具・インテリア、紳士アウター、紳士・婦人・子供パジャマ、タオル部門の仕入れ担当をしております。
仕入れの仕方としては、サプライヤー(メーカーや卸業者)と商談して、何をいくらで売るかを決めます。自社でサンプルや提案書を見ながら行ったり、メーカーの展示会やショウルームへ訪問して行っています。
サプライヤーは全国各地にありますが、主に名古屋、大阪、東京が多いです。また、寝具・インテリアにおいては、価格競争力を付ける為、物流費の削減や販売量の確保を目的として中国へ買い付けに行っています。
上海、青島、蘇州、南通へ年2〜3回程度、公司を廻って企画商品や掘り出し物の仕入れを行い、コンテナで輸入しています。
暮らしを豊かにすることを目的に”よりよい品をより安く”をモットーに商品の選定をしていますが、価格だけではなく、デザイン性や市場性、素材、品質など様々な情報を総合的に判断して商品を仕入れます。
自分の好きな商品を入れて販売することで商売が成り立つことができれば、いうことはありませんが、世の中はそんなに甘くはありません。さらに、売上、粗利、在庫、ロスのバランスを保つことが求められます。
この中のどれか一つでも崩れてしまえば、会社に大きな損失を与えかねません。責任は重大です。
MD計画の中で、重点的に販売する商品の売上、数量の目標を決め、機会損失を起こさず、商品供給が出来る体制を販売部と連携して戦略を立てていくのですが、その際、商品の魅力、価値を伝える能力が必要です。
コミュニケーション能力は、各所で求められます、独りよがりでは円滑に仕事を進めることができません。
数値責任を伴う仕事ですので、重圧はとても大きいですし、繁忙期には休みの無い月もありますが、計画通りの結果を出すことが出来た時の喜びは、格別なものがあります。
職業病なのかもしれませんが、プライベートで買い物をしていても、良い商品があると見入ってしまいますし、自社の扱い商品と比べてしまい、目的を忘れて帰ってきてしまうこともしばしばあります。

今井 沙月 入社8年目(コスモマツオカ 美濃加茂店 店長)

今井

今年で入社8年目です。
今までいくつかの店舗で勤務をしてきました。
その中で苦労や、やりがいを感じた事はたくさんあります。
各店舗により売り場の大きさや広さ、商品量、客層が異なります。
そのため、試行錯誤しながら売り場を作る時は大変だと思いますが、とてもやりがいを感じます。
自分で作った売り場で、お客様の目に止まり、商品を買っていただけた時の喜びは格別です。
やはり、自分がやった事が評価された時は素直に嬉しいです。
評価のかたちは色々ですが、一番はお客様の笑顔です。
お客様が喜んでいただけたり、「ありがとう」と言ってもらえた時は嬉しく、この仕事をしていてよかったなと感じます。
嬉しいことや楽しいことばかりではなく、辛いときや大変なときもあります。
思うように商品が売れなかったり、売上が伸びないこともあります。
そんな時はには他の店舗の店長と情報交換したり、他店舗の売り場を見に行き、参考にするなどして、自分の売り場に反映しています。
そのときにまだまだ学ぶこともたくさんあり、自分の未熟さを痛感します。
しかし、そこで諦めるのではなく、新たに学ぶことで、少しずつ自分の知識として増えていき、それを現場で活かす事ができた時は、またひとつ自分が成長できたと感じます。
まだまだ学ぶこともとても多く、勉強の日々です。
学んだことを活かし、努力を怠ることなく、日々の業務に務めていきたいです。
そして、得た知識は、後輩社員や、パート、アルバイトの方にも教えていき、お店全体で、毎日楽しく仕事をして、明るく丁寧な接客でお客様を笑顔にし、喜んでいただき、また来たいと思っていただけるような店作りをしていきたいです。

中島 晴香 入社2年目(コスモマツオカ 金山店 担当)

中島

マツオカに入社し、まず5日間の研修を受けました。研修では、社会人としての心得、5S7大用語の大切さ、服の畳み方など様々な事を学びました。
研修中に一番辛かったのは、25キロ歩いたことです。今まで歩いたことのない距離でした。何回も気持ちがくじけそうになりましたが、頑張って完走をすることができました。
研修が終わり、各店に配属され、知らない町で『一人で暮らしていけるのか。』と思いました。
不安をいっぱい抱え仕事が始まり、まず基本の整理整頓の仕方を教えていただきました。
少しでも服が乱れていると注意され、入りたての頃は、『一時間で整頓を終わらせてください。』と指導をうけましたが、時間までにやるというのはとても私には難しく沢山失敗をしてしまいました。
これではいけないと思い、分からないことはすぐに聞き、メモをして頭の中にたたきこむようにしていきました。
店長が時に厳しく、時に優しく指導してくださり、何日か経つと時間制限されても一人でできるようになりました。
数ヶ月経つと、職場にも仕事にも慣れ皆と仲良くなり、休憩中にはプライベートの話で盛り上がったりと職場に行くのが毎日楽しくなりました。今はお店を移動し、違う店舗にいますが皆と仲良くなり、楽しく仕事ができています。
今では、自分から行動ができるようになり、入りたてのバイトに仕事を教えられるようになりました。少しづつですが、成長できていると思います。
職場は、年上の方ばかりなので一緒に仕事をしていると学ぶことがたくさんあります。
これからも仕事に対する考えをしっかりと持って進みたいと思います。

社員紹介(食品館)

加藤 真也 入社4年目(有限会社マツオカ 惣菜バイヤー)

加藤

スーパーの日々の業務は、常に販売計画にのっとって進められています。
バイヤーの仕事は、特売計画、売場計画を通して販売促進計画に深く関わっています。
食生活の基本はなんといっても季節感。春には春の食材があり、料理がありイベントがあります。
それをベースに特売商品をセレクトし、売場のレイアウトを考えます。注意しなければならないのが、各店舗ごとに地域の習慣やイベント、相場がそれぞれ違うのでそれらを加味したうえで考えています。
売場に季節感を出しやすいのは、青果部、海産部、惣菜部です。
他の部門に出遅れないように、各部門のチーフと話したり、スタッフと話したり売場を見てまわって情報を集めています。
やはりスタッフさんとの話は大変重要で、”この食材はどのように調理するのか”、”どのように調理すればおいしいのか”、”いま流行っている食材、調理方法は何か”をよく知っています。
自分自身で情報を得るのは限界があるので、どれだけでもコミュニケーションをとって情報を得るようにしています。
私が勤務している萩原店の中島店長は、チャレンジすることには”どんどんやりなさい”といって下さる方なので、いろいろなことにチャレンジのしがいがあります。
何をどのようにどれだけ売るのか計画し、実行してよく売れたらもっと売る方法はなかったのか、売れなかったら何が原因だったのか考えます。
実際失敗のほうが多いのですが、失敗したことが次にチャレンジをしたときの参考になっています。今後は萩原店で成功した事例を他の店舗へ発信していけるようにします。 
現在、各店舗を取り巻いている環境は流行や商圏内の家族構成、年齢層、食習慣で日々変わってきています。去年売れていたものが、今年は売れなくなったということがよくあります。
”今までの経験”が通用しなくなってきている状態なので、”何が流行っているのか”、”どんな調理法があるのか”、”新しい食材は”等常に新しい情報を入れて対応できるように注意しています。
今後は萩原店のスタッフさんだけでなく、各店舗のスタッフさんと話して、何がこの地域では売れているのか、どのような味覚が好まれるのか聞いていって生かしていきます。

                                                                                                                                      

二村 久美子 入社7年目(パート5年正社員2年)(有限会社マツオカ 萩原食鮮館 担当)

二村

私の担当は、グロサリー(一般食品・菓子)です。
また、レジやレジ関係の業務にも携わっています。
一般食品については、担当になってから1ヵ月ほどたちます。現在は、定番商品発注を中心に行なってます。
今後、特売商品・季節商品など、その時期に必要な商品での売場作りなども出来るようになりたいと思っています。
菓子については、定番商品の発注・管理・補充や、特売商品の展開、イベント商品、季節商品の仕入れから売場作りまで行なってます。
心がけていることは、定番商品の欠品をなくし、お客様に迷惑をかけないようにすることです。
また、お客様に楽しく買い物をしてもらえる様な商品を仕入れたり、要望品を仕入れたり、売れ筋商品をお値打ちに販売できるように心がけています。
買い物しやすい売り場を目指して、もっと見やすく、買いやすくを心がけて商品陳列をしていきたいと思っています。

仕入れから売場作りまでを任されていることにやりがいがあります。
しかし、お客様が望まれている商品とズレがある時に難しさもあります。
新商品をいち早く仕入れ、新鮮な売り場になるようにしたい思いから商品の情報収集のため、テレビCMを見たり、コンビニへ商品を見に行ったりしています。
そうした事の積み重ねにより、お客様が楽しそうに買い物をされる姿を見ると嬉しくもあり、また楽しんで喜んでいただけるようにがんばろうと思います。

レジについては、お客様をお待たせすることなく、早く商品を通すことや気持よく会計を済ませていただけるように心がけています。
また、お買い物商品に注意を払って、お客様に迷惑をかける事の無いようにしています。
レジでの気配りも重要だと思ってますので、今後も気持よくお買い物を終えていただけるように気をつけていきたいと思います。

安江 亜子 入社4年目(パートタイマー4年)(有限会社マツオカ 東白川店 副店長)

安江

東白川村店 副店長をやらせて頂いております 安江亜子です。
私の担当は青果-野菜、果実、そして、花・土類、漬物類などです。
当店は、2013年11月にオープンしました。
私は以前は白川店に勤務していましたが、村に新しく出来るスーパーのオープニングスタッフとして、東白川店へ異動となり、店の立ち上げから携わってまいりました。

私が常に心がけていることは、主婦の目線で出来る限り、良いものを、お値打ちに、そして安全なものをお客様にご提供できるように努めていることです。
青果の発注、加工、販売から全てを、やらせて頂いておりますが、野菜などは、特に天候により、価格の変動も激しいですし、田舎ならではですが、畑で野菜が出来るようになると、全く売れなくなったりと常に、商品の動向に敏感でいないと、いけない仕事で、いつも頭を悩ませています。
そのため、日々の天候を、ニュースでチェックしたり、お客様から今はどんなものを必要としているのかを、お客様との会話から情報を得て、品揃えに生かせるよう努力しています。
昔から、接客業は好きでしたし、村に来て、15年になりますが、この店舗で働くようになり、やっと村民になれた気がするのは、お客様から、下の名前で呼ばれ、気兼ねなくお声をかけていただくようになっからでしょうか? ○○はどこにあるの? など お声をかけていただけるのが、何より嬉しいですね。

当店へのお客様は、毎日寄って下さる方、そして1日に何度も足しげく立ち寄って頂ける方が本当に多くて、ありがたい限りです。
そんなお客様のためにも、いつ来ても、あって良かった、また今日はこんなものがあったわという ワクワク や、飽きさせないお店作りを従業員一同で協力して行っていきたいと常に思っています。
またいつ来ても、気持ちいいお店だなと思ってもらえるよう、接客態度にも気をつけて参ります。
小さいスーパーではありますが、お客様のご要望にも出来る限り応えていきたいので、いつでも お声をかけて下さい。 
そして女性目線で、村に根付いていける 地元スーパーを確立していきたいと思っていますので今後ともマツオカを東白川店をどうぞ、末永くご利用くださいませ。

このページの先頭へ